複数の方法を選んで買取依頼ができる金の専門業者はおすすめ

金の種類は?メッキかも?不明なものでも買取査定を利用してみよう

買取に出したい金製品をお持ちの方でも、その品の価値がよく分からないと利用しにくいものです。一般的に金製品には刻印があり、その種類や加工の状態はその内容で判別できます。18金であれば「K18」、24金であれば「K24」といった刻印があります。メッキの場合は「18KGP」などの表記があるので、それを見れば価値が分かります。しかし古い物や破損しているものなどは、刻印が見当たらないものもあります。
そんなケースでは、買取査定を依頼すること自体に気を使うものです。しかし価値がある可能性があるものは、気にせず無料査定を利用してみましょう。メッキ品などは買取対象とはなりませんが、万が一それが判明しても何か言われる心配はありません。金の鑑定ができる査定員が、プロの判別方法でしっかり確かめてくれるのが査定です。金の種類や品質が判明して買取できる品なら、適切な査定額を出してくれます。
不要なもので尚且つ品質が分からないものでも、専門業者に査定をお願いすれば、その場で買取額を手にできる事も多々あります。切れたネックレスや片方しかないイヤリングなど、使えないものでも金製品なら金としての価値があります。諦めて捨ててしまわないで、買取業者を利用してみましょう。

PICK UP

UPDATE POST